Fandom


この項目ではポーランドボールでよく使われる用語について解説する

アンシュルス(Anschluss/Anschluß)編集

ドイツ語で併合を意味する単語

もしかして→ライヒタングル

ボーク(Börk)編集

口癖のこと

例えばデスデスふぇふぇペルケレなどがあるが、ここで全て書くとキリがないので他のボークも知りたいなら各ページを参考にするかボークの書を見てほしい

笑い方編集

それぞれのボールには独自の笑い方がある 下記はその一覧

  • ブラジル:Hue
  • フランス:HON
  • ロシア:XA
  • 中国:XI
  • タイ:5
  • 日本:W
  • ドイツ:Hö
  • その他の国はLOLかHA

Engrish 編集

おかしな英語のこと

ポーランドボールでは英語圏以外のボールはEngrishを使って会話をする

念の為に言っておくとEng l ishではなくEng r ishである

ポーランドボールでよく使われる文法編集

くれ(gib)編集

giveのEngrish表記

plox編集

インターネット・スラングの一つで意味はplease

of編集

とりあえずこれを入れときゃEngrishになる

つおい(Stronk)編集

strongのEngrish表記

Yuo編集

youのEngrish表記

Clay (クレイ) 編集

土地のこと。リムーブケバブのセルビア語⇒英語の翻訳で土地が粘土と誤訳されたのが由来。

その後カントリーボールは粘土でできているという二次設定が付け足された。

ケバブ 編集

トルコのこと。

しかし現在はイスラム教徒のカントリーボール全般をさす。

トルコ・アラブ系でなかろうがケバブを食べなかろうがムスリムは全員ケバブである。

クルヴァ (Kurwa) 編集

ポーランド語で売春婦。転じてアバズレやビッチという意味になりFuck youという意味になった。

各国にもKurwaにあたる言葉がある。たいていうんこやアバズレに関係する単語だというのは万国共通desu

  • チェコ、ハンガリー、ウクライナ等 : Kurva
  • ドイツ : Scheisse/Scheiße
  • フランス : Merde
  • イギリス : Holy shit
  • ロシア : Сука Блять/Suka Blyat

ケツ痛(butthurt) 編集

侮辱を受けて非常に憤慨していることを意味する英語圏のスラング。作品に対するコメントでよく使われる。

例文:俺の国が盛大にdisられててケツが痛くなったぜ。

ポーランドボール文化においてはケツ痛を起こしている者に対するジョークとして、名医オーストリアのケツ痛止め薬というミームが存在している。

ポーランドは宇宙に行けない (Poland cannot into space) 編集

ポーランドボールの有名なスラングです。

「ポーランドは宇宙に行けんとよ」「ポーラン宇宙に行けないとよ」等に訳されます。

ほかにもcannot into ジョークはいろいろあります。

  • エストニアは北欧に入れない Eesti cannot into nordic
  • ケバブはEUに入れない Kebab cannot into EU
  • ラトビアはポテトを食べらない Latvia cannot into potato
  • ドイツはジョークを言えない Germany cannot into joke
  • etc

動詞は違っても、全部cannot intoでOK。そう、Engrishならね。


PolandballWikiaAmboxInvestment 書きかけの記事

この記事は書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。